モールドトランスの特徴"

モールドトランスとは

1.外郭が難燃性樹脂で成形されています。
異常動作状態における火災、感電に対する保護が優れています。
2.未モールドのトランスに比較し、耐湿性が優れています。
浴室や水周りなど、湿気の多い場所での使用が可能です。
3.モールド品であるため寸法精度が良い。
寸法精度が良く、かつピンタイプトランスのため、基板への自動挿入が可能です。

モールドトランスと小型化

モールドすることにより熱放散が良くなるため、同一容量(VA)の未モールドトランスと比べ、サイズダウンが可能です。

未モールドトランス・モールドトランス比較

例えば、8VAのトランスをご希望の場合、未モールドトランスならコアサイズ48積厚25のトランスになるところ、モールドトランスならコアサイズ41積厚17のトランスで可能となります。コアサイズだけ見ても7mmのサイズダウンが可能です。

モールドトランス仕様

モールドトランス外観寸法図へ(PDF:124KB)